一級造園技士として私達が担うもの 

query_builder 2021/10/26
ブログ
IMG_2826

今日はとある打ち合わせで茨城県外へ。

道中の家々の庭木の様子を見ていると、

ここ茨城県でも、まだまだナチュラルに仕上げられた庭木は少ない様に見えました。


それぞれの庭木は、シンボルツリーや、記念樹だったり、

緑のある暮らしへの憧れだったりと、

植えた人たちの想いと歴史が詰まっている庭木も多いはず。

そんな大切なご家族の想いが込められた庭木であれば尚更、

いつまでも元気な状態に保ってあげたいものですね。

刈り込み剪定をし続けた木は、

表面にびっしりと葉が付くことで、日光を遮ってしまう所為で

内側に葉がつかなくなり枯れた小枝などが多くなだけでなく、

風通しも悪くなる為、病気や、害虫などが出やすくなるなど、

様々な害が起こりやすくなってしまいます。

だからこそ、私たちは「透かし剪定」という剪定法を

強くお勧めしています。

当社の透かし剪定は、一級造園技士でもあるSK齊藤造園が、

独自に開発した技法を組み入れています。

剪定を施したその場だけの美しさだけでなく、

数年先の状態をを見通して鋏を入れていく技能です。

また、1本1本は勿論ですが、

庭全体、そしてお客様のライフスタイルを考えながら施工しています。



それぞれのご家族が、それぞれの想いを込めて植えた庭の木々が、

いつまでもその想いと家族の歴史を語り続けてくれるように、

そして何より、ご家族の日々の癒しとなってくれるように。

私たちは、それぞれのお客様の想い、

そしてその日々の暮らしと歴史の一端を担っているのだから。













NEW

  • 水戸 剪定

    query_builder 2022/12/01
  • 水戸 造園

    query_builder 2022/11/29
  • 水戸 造園

    query_builder 2022/11/19
  • 剪定の天敵

    query_builder 2022/11/17
  • カタクリ 〜茨城県水戸市A様〜

    query_builder 2022/03/31

CATEGORY

ARCHIVE